読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車にありがとう!

自転車が好きなヴィワ太郎の、ライディングログ(ほぼリカンベントのお話)

原因不明の連続パンク

f:id:viwataro:20120819154023j:plain

 

昨日、後輪がパンクしました。

 

タイヤチューブに空いた穴をみると、細い針金か何かが刺さったような感じでした。

 

しかし、タイヤを調べても、リムを調べても、特に外傷や出っ張りもなく原因不明でした。

そういう時って、リムテープとスポーク穴の間に隙間があったりするんじゃないかと目視してみても問題は無さそうに見えました。

 

とりあえずチューブ交換をして1kmほど走ってみる → パンク!!

 

 

え!?

ということはやはりリムテープか・・・

 

と思い、チューブを取り出してパンク位置を確認してみると、さっきのパンク箇所とは違う場所。

 

あれ?

リムテープが問題じゃなかったか・・・

 

と思いつつ、チューブ取替えはもったいないので、とりあえずパンク穴を塞いで処置し、再度乗ってみると。。。

 

やはり1kmほどでパンク

 

 

ウキーっ!!!

とりあえずリムテープしか考えられないので取り外してみると、なんと半分くらいがスポーク穴をきちんと塞いでいませんでした orz

正確には一応塞いではいるので目視じゃわからなかったのですが、空気をいれて高圧がかかると微妙な穴があき、走行中に強い振動が加わるとリムテープとスポーク穴の小さな隙間が微細な穴を開けるようでした。

 

  

もともとホイール購入時についていたリムテープだったので安心していたのですが、間違いでした。→ 細すぎ

最初についていたのは 13mm リムテープだったのですが、ちょうどホイールオーダー時に、リムテープは付属していないと思い追加購入していた 16mm リムテープが手元にあったのでそちらに交換。

 

 

以後、パンクはしなくなりました。

 

前輪もいつパンクするかわかったものじゃないので、この機会にリムテープを交換しておきました。

 

しかし、この状態で 500km 無事走行できた奇跡に感謝です!!!