自転車にありがとう!

自転車が好きなヴィワ太郎の、ライディングログ(ほぼリカンベントのお話)

EOS-1D X と 初代 *istD

先日、手持ちのタイレル FX や、キャリーミーについてブログを書こうとおもったら、全く自転車の写真を撮っていないことに愕然としました。

 

写真も趣味でやっているのに、好きなものの写真を残していないってどうなんだろう?・・と思い立ち、今回は全然自転車と関係ありませんが、まずは手持ちのカメラから記録に残しておこうと思います。

 

 

私が初めて手に入れた一眼レフ(右のPentax *istD)と、一番新しい一眼レフ(左のCanon EOS-1Dx)

 

f:id:viwataro:20130224132211j:plain

 

こうして見比べると、1Dxの中にistDが2つちょい収まるくらいの正面面積なのか。。

 

予想に反して、横幅は思ったほど変わりませんでした。

倍くらい違うかと思っていたのですが。。

 

f:id:viwataro:20130224132550j:plain

 

 

1Dx は縦位置グリップつきな分、ボタンが多いですが、基本的にはそれほどボタン数は変わらないようです。

 

f:id:viwataro:20130224132828j:plain

 

ただ、画質やレスポンスなど、この10年で格段の進歩があります。

 

本当は Pentax と共にカメラの腕を磨いていきたかったのですが、途中で開発が失速し、買収、ハイアマチュアを捨てる戦略へのシフト等。。無念ながらもキヤノンに乗り換えたりした思い出も蘇ってきました。