自転車にありがとう!

自転車が好きなヴィワ太郎の、ライディングログ(ほぼリカンベントのお話)

Xplova E5 レビュー(使い始めの感想)

f:id:viwataro:20130328102437j:plain

 

 

トライク用に、新規にサイコンを購入しました。

 

ガジェット好きだった(一応過去形です)ので、ガーミンのGPSナビがまだ10万円くらいしていた頃に購入して自転車につけていたのですが、あまりのマップの見づらさと使い勝手の悪さの為に、ナビ&マップというよりは、迷ってしまってどうしようも無くなった時に停止してじっくりと現在位置を探る為のツールとしてしか使えませんでした。。

 

あれから何年経ったのか・・いまだにガーミンの地図に進化はみられない。。というのが個人的な感想です。

 

なので、いまはもっぱらAndroid携帯のGoogle Mapsを使っています。

ナビもできるし、マップも見やすく、拡縮もスムーズなので、『ネットに繋がっていられる環境においては』最強だと思っています。

ただ、ネットにつながらない場合はマップが見えなくなるので、予備としてSonyのNav-Uを持っているのですが、ガーミンよりはましなものの、やっぱり私にはこの地図は使いにくくて。。結局出番なしです。

ナビに関してはAndroid最高!という日々を送っております。

 

一応、Google Mapsにも予め地図をダウンロードしておくことでオフラインでも使える機能がありますが、海外で試した範囲ではGPSとの連携がうまくいかず、結局単なるデジタルマップとしてしか使えない苦い経験があります。

 

 

というわけで、サイコンに関してはあまりマップ機能に期待してなくて(実際は切実に期待しているのですが、Google Maps並みの機能&精度の地図を搭載したサイコンがでてきてほしいところです)、今まではキャットアイの安いサイコンを使っていました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003DVVCAU/

 

ただ、安いからなのか何なのか、時々計測しなくなるんですよね。。

その時はどんなに調整しても、電池入れなおしても直らずで、無計測のまま数キロから吸う十キロ走っているとフトなおってまた計測しはじめるという。。

不良品かとおもい買い直したのですが、まったく現象は同じままで。。

 

 

そして今回購入したのはGPS計測方式の Xplova E5 の「速度/ケイデンスセンサー付」モデル。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00AIGC1GW/

 

・GPSマップ機能は無いですが、

・GPS計測なので少々計測が漏れてもGPSで距離を測ってある程度は補正してくれるだろう。。という期待感と

・なんといっても、走行ルートが自動で記録される便利さ

・あと、面倒な設定なしに適切に計測してくれ、

・現在何%の坂を登っているのかが一目でわかる

 

というポイントで購入しました。

他にも同様の要件を満たす候補はあったのですが、デザイン面でこれにしました。

 

 

そしてやっと以下がレビューです。。

 

きょうび、GPSのほうが正確に計測できるようになってきたと思うのですが、速度センサーの安心感も欲しくてセンサー付きモデルを買いました。

センサーを取り付けて、ちゃんと計測データがサイコンに飛ぶことも確認。

そして翌日走りにいくと、まったく動きません。。

 

センサーとサイコンを連動させていると、(あたりまえですが)センサーから信号を受信できなければサイコンでは計測を一切しません。

7kmほど走りつつ設定しなおしつつするも、走りだすと計測しないという自体はかわらず、もう速度センサーと連携させるのは諦めました。

とんだ出費になってしまいましたが、上述のキャットアイでもセンサーが動かなくなったりするので、もしかすると私と速度センサーの相性が非常にわるいのか・・

 

なんか変な妨害電波を私の体が発しているのでしょうか?(笑)

 

 

とりあえずセンサー連携はあきらめ、単なるGPSサイコンとして素のXplovaを使い始めました。

 

センサー連携をはずしたあと、初日は調子よく計測してくれました!

 

しかし、2日目、5kmほど走っただけですが、走り始めてしばらくしするとXplovaがどうも固まっているようです。

表示が固まって動いていないんですよね。

電源ボタン長押しするも電源もきれず、電池抜こうにも一体型なので抜けず、途方にくれかけたのですがしつこく電源ボタンをおしていたら切れてくれました。

 

その直後、再度電源を入れ直します。

すると、今度はビープ音がずーっと鳴り続け、相変わらず表示は固まったまま。

電源もなかなかOFFにならなくて道行く人々に騒音撒き散らしで失礼しつつ、しつこく電源ボタンおすことでなんとか切れてくれました。

 

 

家に帰って再度電源いれてみると、何事もなかったかのように動いている風味。

 

 

その後、仕事が忙しくなったのと体調をくずしたのでまだ乗れていませんが、再度ビープ音なりっぱなしになったらもうこのサイコンは使わないと思います。

 

出張がこのあとあったりで、返品期間も過ぎてしまうはずなので、どうしようもないですね。。orz

ネット上にレビューがほぼ無いので、敢えて書いてみましたが、個人的にはこのサイコンは他人にお勧めできないです。

 

もし改善できるのであれば

===

・最悪電源は強制的にOFFにできるようにする(リセットボタンつけるとか、電池を物理的にはずせるようにするとか)→ これさえ確実にできれば、ファームウェアのアップデートによる製品改善が行われるまでなんとかやりくりして使いつづけられます

 

・ネット連携がブラウザのJavaアプレットが使える環境でしか動きませんが、きょうびJavaアプレットはセキュリティ上の理由で機能をOFFにすることが多いので、他の連携手段も用意して欲しい

 

・ユーザー登録してた後、メールがきて確認用のリンクをおすことで登録が完了するが、メール内のリンクをクリックしてアクセスするとエラーが表示されました。何度もやり直すうちになぜかユーザー登録が完了しましたが、ちょっと焦りました。

===

というあたりがなんとかなれば、見た目もコンセプト(計測機能としての気の利き具合)も良いので使い続けたい製品ではあるのですが・・

 

 

どうしても Xplova E5 の利用をあきらめざるを得なくなった場合、値は張りますが実績のあるガーミン Edge 500 か 510 を買おうと思っています。。

 

追記
※  レビューの続きがあります。こちらです。