自転車にありがとう!

自転車が好きなヴィワ太郎の、ライディングログ(ほぼリカンベントのお話)

Scorpion fs 26 の後輪を、650c に交換

f:id:viwataro:20130506101211j:plain

 

 

以前、トライク (Scorpion fs 26) の前輪を 20x23c 化して随分と軽快になりましたが、今回は後輪の摩擦抵抗を削減してみます。

 

Scorpion fs 26 の出荷時には、後輪に26インチホイールが付いています。

26インチホイール用のタイヤで一番細身のものって、私は 1 インチタイヤしか見つけられなかったのですが、 1 インチというと 26mm タイヤ相当ということで、できれば 23mm (0.9インチ相当) を履きたい私にはもうちょっとでした。

 

トライク購入前に、メーカーに問い合わせて後輪に650cホイールをはかせられるか聞いてみたところ、『設計上は700cまで対応可能。ただブレーキは26インチ用に調整してあるのでそこは自己責任でね(あとはディスクブレーキも対応してるからそうするか)』という返答だったので、安心して(?)650c移行計画を立てました。

 

実際、フレームが各ホイールに対応していさえすれば、ブレーキは26インチも650cもブレーキシューの位置をずらすだけでたぶん対応できるでしょうし、最悪ブレーキを変えるかディスクブレーキ化してしまうかでなんとかなるはずなので。

 

そこで、26インチホイールに大きさが近い 650c ホイールを探していたのですが、これがなかなか無いんですね。。。

数十万円だせば選択肢はあるのですが、数万円という予算にした途端に選択肢がなくなるんですね。。なんかそのうち市場から無くなりそうな雰囲気さえあったので、一番手ごろな価格&パフォーマンスな A-CLASS の 650c ホイールを早めに購入しておきました。

 

ただ、盲点だったものがあり。。。

それは、リムテープです。

650c用のリムテープの在庫があるというショップ自体が少ないのですが、注文すると「実は在庫切れでメーカー在庫もないようです」と返ってくること3回・・・ orz

 

ホイールもタイヤもチューブもあるのに、リムテープだけがないなんて!!

 

もう高くてもいいのでとりあえず調達しよう!というモードに切り替え、結局海外からとりよせました。。

 

 

 

 

そして、、

 

f:id:viwataro:20130506101215j:plain

晴れてパーツは揃ったので、これよりカセットスプロケット(ギア部分)を26インチホイールから650cホイールに移植します。

 

使う工具は、レンチ、フリーホイールリムーバースプロケットリムーバー、そして(これは工具じゃないですが)グリース。

 

クイックレバーを抜いたあと、フリーホイールリムーバーをロックリング(スプロケットの蓋になっているパーツ)に差しこんでレンチではさみ、スプロケットリムーバーをギアにかけながらロックリングをゆるめ、外します。

スプロケットは、はめ込みの角度と順番(ギアの他に、間に挟むスペーサーなども含めて)があるので、スプロケット全体をずれないようにそのまま引っこ抜き、650cホイールにパコっとそのままはめ込みます。

# 650cホイールの方には、事前にグリースを塗っておくのを忘れないようにしないといけませんが

 

 

f:id:viwataro:20130506101218j:plain

再びロックリングでスプロケットをしっかり固定すれば完成です!!

 

手で回してみると、A-CLASS の ALX320 Tri は、それほど回転が良いわけではなく、ちょっとワクワク感が減少なのですが、他の手持ちホイールも私がイメージしているほどまわるわけでもなく、こんなもんなんでしょうか。。?

予算さえゆるせば、GOKISOハブなホイールが欲しいですが。。まだ、道具に頼る余地があるということで、希望が残っているから良しとすることにします(^^;

 

 

ホイール換装後のレビューは、後日、Scorpion fs 26 レビューの 3/3 にて書こうと思っています。