自転車にありがとう!

自転車が好きなヴィワ太郎の、ライディングログ(ほぼリカンベントのお話)

ミシュラン POWER に換装してみました

f:id:viwataro:20161123225656j:plain

 

リカンベント Vendetta に、新しいタイヤを履かせてみました。

 

「安心して走れるPro4はやっぱりよかったな」と思いつつ最新情報を検索していると、いつの間にか「POWERシリーズ」なんて出ていたんですね。

 

そういえば、4年間もタイヤ交換してなかった事実にも気づき、光陰矢のごとしです。。

 

その Michelin POWERシリーズ、ラインナップとしては、シリーズ中最も転がり抵抗の少ない「コンペティション」、耐久性を更に向上させた「エンデュランス」、そして濡れた路面でもグリップが効くという「オールシーズン」があるとのこと。

 

今まで使っていたのは、V2ではなく初代Pro4のエンデュランスなのですが、4年経ってみても不安はないので、ここまでの耐久性は私の乗り方だといらないのかも・・と考えました。

 それに、POWERシリーズはどれも剛性・耐パンク性能ともに上がっているとのことなので、エンデュランスじゃなくていいかなと。

 

結局、フロントにはグリップ力がシリーズ最強の「オールシーズン」、リアはとにかく軽くということでコンペティションをチョイス。

Vendetta は前輪駆動なので、フロントタイヤのグリップ力はとても重要なんです。

 

 

で、初走行で30kmちょっと走ってきました。

最初に感じたのは

  「羽が生えたような感覚」

でした。

 

体感できるほど転がり抵抗が低く、快適・・なようなそうでもないような・・

というのも、体重が変わったわけでもなく、踏込んだ時の伸びがよくなるわけじゃないんですよね。。

走行時の感覚的には「軽い」んですが、発進・停止や加減速時の体感はあまり変わらないので、そのイメージとリアルのギャップが「微妙にフラつく」感を生み、快適とは言い切れない感想につながっているようです。

慣れとともに、快適感だけにシフトしていけそうでもあります。

 

より楽に走れるようになったのは確かで、新しいPOWERシリーズに感謝です!