自転車にありがとう!

自転車が好きなヴィワ太郎の、ライディングログ(ベントライダーもやってます)

巡航筋と90rpm

f:id:viwataro:20180707201025j:plain

ケイデンス 90 辺りで回せるようになってきました

 

そして巡航筋なるものも発見しつつあります

 

 

巡航とは

その速度で何十キロでも走り続けられるような

エコ速度のこと

 

なので、加速用の筋肉とは別に

なんらかのコツがあるの(はずなの)ですが

個人的経験からは

腹筋下部+足の付け根前部にある筋肉

がコアユニットとなることで

疲れることなく速度を維持できる感覚があります

 

たとえば

少し速度を上げたいなとおもったら

しばらく意識的に加速して意図する速度に上げた後は

「下腹さん頼みます」

と、下腹部に力をいれるだけで

あとはその速度を維持できるようになってきました

 

そんなこんなで意識的なトレーニングを続けているうちに

巡航速度も31〜32km/hにあがってきました

 

あと、副産物として

巡航筋を意識的に使うことで

35km/hも維持できるようになりました!

 

ただ、35km/h出すと

「エネルギーを徐々に消費している感覚」

があるので、まだ巡航しているとは言えない状況です

 

 

巡航速度を上げるのに

直接的に役に立っているのが

ケイデンスを上げたこと

です

 

ケイデンスによって

向かい風などの状況下でも

エネルギーをさほど使わずにより速い速度を維持しやすくなったのです

 

95 rpmでも安定して回せるようになると

35km/h巡航も夢ではなさそう〜

 

 

 

ケイデンスのもう一つよいところは

上りが更に楽になること

同じ斜度でも、ケイデンス上げることでより軽くペダリングできるということは

巡航筋の恩恵も受けやすくなるということ

 

巡航筋を

「下腹部+脚のつけ根前部」の組み合わせから

→「下腹部+お尻方面」の組み合わせ

に切り替えることで

「お尻で踏む」という登攀のペダリング技術にひと味加えることができました

意識的に踏み込む力をアクセラレートできるので

より強力にお尻で踏み込めるにようなるんです

 

 

そんな良いことばかりの

ケイデンス走法も悩ましい点が・・

 

それは、膝に不安のある私は

少しでもペダリングを間違うと

すぐ膝にきてしまうこと

 

無意識でも正しいペダリングができるよう

繰り返し体に覚えさせる必要があります

コツコツ進みたいと思います