自転車にありがとう!

自転車が好きなヴィワ太郎の、ライディングログ(ベントライダーもやってます)

中判デジタル一眼 907x with CFV2

f:id:viwataro:20200628221520j:plain

左から

デジタルバック、ボディ、レンズ

 

組み合わせると

f:id:viwataro:20200705131132j:plain

 こんな感じになります

 

EOS Kissなどのような

一般的なAPS-Cサイズのデジカメよりも

こじんまりとしている

そんなサイズ感

 

でも、中身は中判なので

センサーサイズで比べると面積比で約4倍 (3.93倍)

も差があります

 

 

これまで

デジタル一眼を使っていたときは

露出のオートブラケット撮影機能をつかって

白飛びや黒つぶれしないように気を使うシーンが

あったのですが

 

907x だとダイナミックレンジが広いので

明暗の差が激しいところでも

ブラケット撮影する必要がいまのところありません

 

潰れてしまったものはどうしようもないので

ダイナミックレンジの限界をほぼ気にせずに

撮影できる安心感は

非常にありがたいです

 

 

例えばこの写真

f:id:viwataro:20200705133323j:plain

通常のデジカメだと

上部は真っ白、下部は真っ黒になりがちなシーンなのですが

雲と空が区別できる上に

路面や植え込み部分のディテールも残っています

 

ちなみに、更に明るくすれば

左下の自転車背後にある壁のディテールも見えたりします

 

 

コンパクトなのに

中身はフラグシップのフルサイズ同等かそれ以上

頼もしい相棒がやってきました