自転車にありがとう!

自転車が好きなヴィワ太郎のライディングログ(ベントライダーもやってます!)

Dogma F - very first インプレッション

ピナレロの Dogma F を納車してもらい

初日に30kmほど乗ったときの

一番最初に感じたことを

書いておこうと思います

 

最初に感じたのは

「乗りやすい」

ということでした

 

変な癖が感じられないというか

安心感がありました

 

次の発見は

「のんびりライドも楽しい」

ということ

 

軽く流していると

18km/h くらいしかでませんでした

同じパワーだと

いつも乗っているキャニオンのほうが

20km/hくらいはでている感があります

 

おそらく

ディープリムにしたからな気はしています

重量的には、キャニオンのホイールよりもDogmaFのホイールのほうが

圧倒的に軽さを感じるのですが

まったく漕がないくらいの

感覚で流す分にはママチャリでしっかり走る程度の

速度域でした

 

ただ、その低速具合も楽しいんですよね

Dogma だからといって

スピードを出す必要性がまったく感じられず

ただまたがって、ペダリングすらしていないくらいの感覚で

ゆるくポタリングしても良いかもと思いました

 

 

そして、

一旦走行モードになって

ペダリングを普通にし始めると

一気に26km/hくらいまで伸び、

更にペダリング効率を高めていくと

120-150Wくらいのパワーで

30km/h以上をキープできていたので

やはり空力がいいのと、入力を出力に変換する効率がとても良いのだと思いました

 

ネットで調べてみると、計算上でも 120-150Wで 30km/h前半で走行できるらしく、計算と同じ結果ということは、相当ロスが少ないのだと思います。

実際、キャニオンだともう少し気合い入れて漕がないと 30km/h 前半が出ない感じでした

 

30km/hを超えると

自分が入力している力に加えて

なんとも言えないアシストがかかるような

電動自転車とはまた違ったアシストを感じるので不思議でした

これがディープリムの効果というものなのでしょうか?

 

あと、一番感動したのが

カーブするときです

まるでモノレールがリアルタイムに目の前に敷かれていくことで

理想のラインでカーブしているかのような

誘導されている感すらありました

 

曲がる度に顔がほころぶほど

気持ちのよい体験でした

 

 

他に検証したいこととして

「硬いフレームだと脚が直ぐに売り切れる」

という都市伝説なのか

マウンティングなのか

個人的には理解できないことを

この機会に実体験としてたしかめてみたいと

思っています

 

そのためにはもう少し乗ってみないとです