自転車にありがとう!

自転車が好きなヴィワ太郎の、ライディングログ(ほぼリカンベントのお話)

半年振りのタイヤ交換

f:id:viwataro:20140201191302j:plain

 

リカンベント トライクの前後3輪ともにタイヤ交換をしました。

実に半年振りとなります。

 

以前、Ultremo zxを使っていた頃は、よく前輪がタイヤごと損傷してパンクしたので、2ヶ月ほどのうちに3回くらいタイヤ交換をしました。

 

しかし、前輪をシュワルベのDuranoに変えてからというものパンク知らずで、タイヤもチューブも取り替えの必要がありませんでした。

 

と、そんな嬉しい状況で今日にいたるものの、さすがにタイヤの方はすり減ってきました。

 

どれくらいすり減ったかというと

 

f:id:viwataro:20140202013204j:plain

これくらいです。

左が半年経過したDurano、右が新品のDuranoです。

 

リカンベント トライクだからか、あまりサイドのすり減りはみられず、頭頂部のみが見事に減っていました。

そして、おそらくブレーキをかけたときのものだと思うのですが、2レイヤーなくなって3レイヤー目が大きく顔をだしている部分まであらわれてきました。

 

私は自転車好きなくせにあまり乗れていないので、この半年の走行距離は 2,000km もいってないはずです。。たぶん 1000〜1500km くらいのはず。

 

走ってない割にはすり減っていたのでちょっと驚きました。

シュワルベのマラソンを使っているわけではないので、こんなものなんでしょうか・・

それとも、20インチと小さい径のタイヤなのが原因で、どの種類使っても同じなんでしょうか・・

 

そして、後輪は、Pro4 サービスクルスにしていたのですが、こちらも割りとすり減っていました。

同じPro4でもエンデュランスなら全然大丈夫なはずですが、念のため後輪も一緒にタイヤ交換することに決めました。

 

予想よりはすり減っていたものの、半年間パンクしらずでこれたので、今回も前後輪とも同じタイヤにしました。

・前輪 : シュワルベ Durano (20インチ = 406用)

・後輪 : ミシュラン Pro4 サービスクルス (650c用)

 

新しいタイヤになると、自転車もまるで若返ったみたいで、喜んでいるように見えました。